Yamaha In-store Music System Advisor (YIMSA)

Yamaha In-store Music System Advisor (YIMSA) es una herramienta online que puede estimar rápidamente el sistema de altavoces y amplificadores necesarios para distribuir música con éxito por toda la tienda. La herramienta recomienda un sistema óptimo basado en las condiciones introducidas en relación con el tamaño de la tienda, la atmósfera, etc.

Paso1:

Introduce información básica como el tipo de tienda, el volumen de música deseado, etc.

Paso 2:

Comprueba los sistemas de música recomendados basándose en la información introducida en el paso 1. Se muestran dos configuraciones de modelos de altavoces ([Mejor] o [Bueno]).

Paso3:

Revisa un resumen de las recomendaciones ofrecidas en base a la selección realizada en el Paso 2

* Haz clic en el signo [?] mostrado en la herramienta para obtener una explicación más detallada de los parámetros.

* Los valores de ajuste válidos del "tamaño de la tienda" son: Ancho] 5 m a 20 m (16,43 pies - 65,64 pies),[Altura] 2,2 m a 5 m (7,22 pies - 16,43 pies).

* Los iconos de los subgraves no se muestran en la ilustración de la disposición de los altavoces en el paso 2/paso 3. Para obtener más información, haz clic en el signo [?] de esa sección.

* Se recomendarán los modelos más adecuados de los altavoces de las series VXS/VXC y los amplificadores de las series MA/PA.

In-store Music System Advisor

Step1  Step2  Step3  

耳の位置

店舗の雰囲気

BGMの音量

スピーカーの設置

BGMのグレード

BGMを流したい部屋の大きさ

広さ m m 高さ m

あなたにオススメのスピーカー

speaker × qty No image No image
subwoofer × qty
speaker × qty No image No image
subwoofer × qty
メインスピーカー VXC4 00  スピーカー紹介文
サブウーファー VXS105S 00  サブウーファー紹介文

スピーカー配置イメージ  

 スピーカー
BGMを流したい部屋の大きさ 5 m x 8 m  高さ 2.8 m

ベストフィットのアンプ

スピーカー用 スピーカー増設用 サブウーファー用 サブウーファー増設用
MA series PA series MA series PA series

あなたにオススメのBGMシステム

メインスピーカー VXC4 00  スピーカー紹介文
サブウーファー VXS105S 00  サブウーファー紹介文
アンプ
(メインスピーカー用)
MA2030 00  アンプ紹介文
アンプ
(サブウーファー用)
MA2120 00  サブウーファー用アンプ紹介文
増設用アンプ
(メインスピーカー用)
PA2030 00  SP増設用アンプ紹介文
増設用アンプ
(サブウーファー用)
PA2120 00  SWF増設用アンプ紹介文

アンプとスピーカーの組合せ

アンプ スピーカー
No image No image
MA2030 × 00  
× 00
× 00
No image No image
MA series × 00  
× 00
× 00
アンプ サブウーファー
No image No image
MA series × 00   speaker × 00
No image No image
MA series × 00   speaker × 00

スピーカー配置イメージ

 メインスピーカー

入力した条件

店舗のタイプ アパレル
店舗の雰囲気 おだやか
BGMの音量 普通
スピーカーの設置 隠したい
BGMのグレード スタンダード
BGMを流したい部屋の大きさ 5 m x 8 m  高さ 2.8 m
あなたにオススメのBGMシステム

お客様は

ここでは、では、BGMを聞かせたいゲストが、通常立っているか座っているかを決めてください。
<例>
立っている:アパレル、美術館、ロビー、など
座っている:レストラン、カフェ、ラウンジ、など

BGMを再生するスピーカーは通常天井や壁の高い場所に設置されます。立った時のほうが座った時よりもスピーカーに近くなるため、BGMの音量は大きく聞こえます。

店舗の雰囲気について

「店舗の雰囲気」は、店舗内の騒音が普段どの程度あるか、をもとに判断してください。
騒音にはゲストの声、スタッフがたてる音、厨房や設備などの音が含まれます。これらをまとめて暗騒音と呼びます。
これは、BGMを最適な音量で鳴らすために必要なスピーカーの台数を導き出す重要な指標です。

BGMの音量について

「BGMの音量」では、店舗の雰囲気に合ったBGMの再生音量を決めます。
BGMを積極的に聞かせたい場合は「大きめ」、ゲストの会話を邪魔しない程度に鳴らしたい場合は「普通」を選択してください。 

スピーカーの設置について

「スピーカーの設置」では、店舗内に設置するスピーカーのタイプを検討します。ここでは内装デザイン、設置場所の制約などを考慮する必要があります。
スピーカーには、主に「天井埋め込み型」と「露出型」があります。一般的に「天井埋め込み型」はスピーカーの存在を目立たせたくない場合に、「露出型」は天井板がない場合やスピーカーをインテリアとして目立たせたい場合に使用します。
天井高が低い店舗では「露出型」の使用をお勧めします。判断がつかない場合は「どちらでもよい」を選択してください。
<天井埋め込み型>
<露出型>

BGMのグレードについて

「BGMのグレード」では、音質の観点から最適なスピーカーのモデルを導き出します。
グレードが「リッチ」であればBGMを低音が豊かで上質な音で鳴らすことができ、店舗の雰囲気をワンランク上げることができます。

店舗のサイズについて

「店舗のサイズ」では、空間の広さを見積もります。
入力できる数値は、広さ:5m ~ 20m(16.43ft - 65.64ft)高さ:2.2m ~ 5m(7.22ft - 16.43ft)の間です。

あなたにオススメのスピーカーについて

ここでは、前のステップで入力した内容に応じて、ヤマハが推奨するスピーカーのモデルを2パターン提案しています(Best/Good)。
Bestの方がよりパワフルで特性の良いシステムのため、上質なBGM空間を実現することができます。

スピーカー配置イメージについて

ここでは、ひとつ前で選択したスピーカーシステムの配置パターンを図示しています。
天井埋め込み型と露出型で配置パターンが異なります。
図中の白い円はメインスピーカー1台でカバーできる拡声範囲(カバーエリア)を示しています。目安として、この円の中にゲストが収まっていると想定どおりにBGMを届けることができます。
サブウーファーの配置については、天井埋め込み型のパターンであれば、メインスピーカー4台に対して中心に1台を設置してください。露出型のパターンであれば、部屋の隅などに設置してください。複数台提示された場合は分散して設置します。
<天井埋め込み型>
<露出型>

ベストフィットのアンプについて

ここでは、選択したメインスピーカーおよびサブウーファーを鳴らすために必要なアンプのモデルを提示しています。
必要な台数は次のステップで示されます。通常、メインスピーカー用とサブウーファー用には別々のアンプを準備します。